NPO法人栃木県防災士会

ホーム > 組織紹介

組織紹介

栃木県防災士会について

栃木県防災士会は、安全で安心な社会の実現に寄与することを目指しています。
広く県民をはじめとするすべての人々に対して、幅広い防災啓発活動を実施するとともに、平常時における地域防災力向上と、災害時における支援活動に関する事業を行い、防災士や防災士の活動に賛同する市民等への支援を通じて、安全で安心な社会の実現に寄与することを目的とします。

理事長挨拶

◆NPO法人 栃木県防災士会 ホームページのリニューアルにあたって

 NPO法人栃木県防災士会ホームページのリニューアルに当たり一言ご挨拶申し上げます。
 まず、初めに、4月7日に出された新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」は、4月18日からの全国拡大を受けて県内全域においても不要不急の外出自粛など様々取り組みがなされておりますが、大地震などに代表される自然災害はいつ発生するかわかりません。現在、本格的な出水期を前に、避難の在り方においても感染症対策が従来にも増しても重要課題となっており、避難所の在り方、形態、更には、私たちのとるべき自助〈共助〉の在り方など、多様化してきております。
 さて、当会のホームページは、平成24年(2012年)10月の法人格を取得の翌年、平成25年5月に開設し、当会の設立目的や活動計画のお知らせや活動状況の報告、並びに、お問い合わせ先として活用して参りました。しかしながら、昨年、9月頃より、不具合状態が続いており、会員はじめご利用の皆様方には大変なご不便とご不自由をお掛けしました。この間は、年4回の会報のみで、会員への情報提供を行って参りました。今般、当会ホームページのリニューアルが完了致しましたのでご報告致します。内容的には、今までの構成とほぼ同一と致しましたが、今回、大雨や大規模地震などの災害発生時の状況並びに新型コロナウイルス感染症対策にかかわる緊急事態宣言など災害関連事項を踏まえなど緊急時のお知らせ欄を新設しました。更には、行政機関を含む防災関係機関のバナーの充実も図り、利便性を図りました。今後は、活動計画やイベントや各種研修会案内及び活動報告など、きめ細かな対応で管理運営して参る所存です。
 ここに、会員ご各位の更なるご活躍並びに新型コロナウイルス感染症の早期鎮静化を祈念致しますとともにご理解、協力の程、お願い申し上げます。

令和2年5月  吉日  NPO法人栃木県防災士会 理事長 稲葉 茂


理事長 稲葉 茂

設立趣意書

平成7年に発生した阪神淡路大震災は死者6,434人、建物の全半壊が249,180棟という歴史的な大参事になった。この地震では倒壊した家屋に閉じ込められた多くの犠牲者が出たが、近隣住民によって救助された人の数は、消防等の公的機関によって救助された人の3倍にも上った。このことは、日本における防災士の誕生のきっかけとなったと言われている。
また、その後に発生した新潟中越地震等、更には直近の有史以来の大惨事となった東日本大震災を通して、家族の絆・地域の絆等が如何に重要であるかを再認識させられた。
これらの教訓を経て、平成14年に特定非営利活動法人日本防災士機構が設立認証されると同時に防災士制度の検討が行われ、平成16年に「自助・共助の原則のもと、会員のネットワークを構成し防災士として活動と技術研鑽を支援する目的」として任意団体日本防災士会が発足した。その後、日本防災士会において支部規定が制定されたのに伴い、栃木県在住の日本防災士会員が平成19年5月に「日本防災士会栃木県支部」を設立したところである。
一方、会員のスキルアップを図るために、栃木県、宇都宮市、高根沢町など地方自治体主催の防災訓練参加、各種救急救命講習や研修を受講してきた。また、新潟中越地震、東日本大震災等の大きな災害に際しては、被災地調査や災害支援として現地で活躍する支部会員も増えている。

これらの経験を踏まえて、特に、東日本大震災では福島県から那須町に避難した方々の避難所の設営や運営を支援したほか、宇都宮市役所からの防災に関する講師を通して地域の防災、減災活動も定着しつつある。
しかしながら、現在の任意団体のままでは責任が不明確で活動にも限界がありさらに社会的信用度を高めるためにも法人化が求められている。
このため、当団体の活動を、広く住民に支えられながら継続的に運営していくために、営利を目的としない特定非営利法人(NPO)法人を設立するものである。

役員

役 職 名 前
理事長 稲葉  茂
副理事長 福田 一郎
副理事長 田崎 瑞穂
副理事長 引地 隆久
事務局長 須藤 悟
事務局次長 伊東 紀枝
理 事 黒須 敏文
理 事 林  洋克
理 事 亀田 則男
理 事 武田 政利
理 事 田口 光昭
理 事 福嶋 真理子
理 事 大橋 敏雄 
理 事 宇賀神 一晃
理 事 吉澤 朋子
理 事 齋藤 守
理 事 芳村 佳子
理 事 神永 陽子
監 事 豊田 錦治
監 事 喜内 敏夫

入会について

正会員
年会費:3,000円
賛助会員
個人年会費:3,000円
団体年会費:10,000円
(防災土資格在有していない個人・団体は賛助会員としてのご参加をお願いする場合があります)

事務所

NPO法人 栃木県防災士会
本部事務所
〒329-3215
栃木県那須郡那須町大字寺子乙2548番地52
電話/FAX 028-772-0114
宇都宮事務所(事務局分室)
〒321-3295 栃木県宇都宮市竹下町908
作新学院大学内(減災・リスクマネージメント推進センター)505号室
E-mail:info@bousaishi-tochigi.org