トップページ

NPO法人 栃木県防災士会のホームページへようこそ。
防災士とは、「自助」「互助」「協働」を原則として、社会の様々な場で、減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有する者として、日本防災士機構で認められた人のことを「防災士」と言います。

栃木県防災士会に関する主な活動(災害救助)(広報事業)(交流事業)(研修・研究)情報をお知らせしています。

防災士の役割とは、大震災発生の可能性が予測される今日の状況下で、大災害が発生した場合、その被害の規模が大きいほど、公的な支援の到着が遅れるという現実に対応して、消防、自衛隊等の公的支援が到着するまでの間(概ね3日間)、防災士の活躍で生命や財産に関わる被害が少しでも軽減できるよう、家庭をはじめ地域や職場の災害現場において実際に役に立つ知識と技術が効果的に発揮されることを目的としております。
  防災士は、平常時においては防災意識の啓発に当るほか、大災害に備えた自助・共助活動等の訓練や、防災と救助等の技術の練磨などに取り組みます。また、関係する自治体や地域防災組織などからの要請により、防災・救助計画の立案や地域防災のリーダの養成活動にも参画します。災害発生時にはそれぞれの所属する団体・企業や地域などの要請により避難や救助・救命、避難所の運営などにあたり、地域自治体など公的な組織やボランティアの人達と協働して活動します。

このエントリーをはてなブックマークに追加